世界へ、成形イノベーション 会社概要 ネットワーク 事業概要 採用情報 お問合せ
2014.04.01
オフィシャルサイト、リニューアルオープンしましたRenewal Open !
topico_1 topico_1 topico_1
社長メッセージMessage from the President
開発力を強化し、海外での現地一元化を推進。
ステークホルダー様に喜ばれる企業を目指してまいります。
We are reinforcing our developing capacity and promoting local unification in overseas countries.
We are making efforts to be an enterprise that can satisfy our stakeholders.


クミグループは、ものづくりを通じて「お客様に喜ばれる」「お客様に必要とされる」企業を目指し、グローバルな展開によって着実な成長を遂げてまいりました。
これはひとえに、お客様・株主の皆様・お取引先様・従業員、その他多くのステークホルダーの皆様のご支援があっての事と改めて感謝申し上げます。
今後も引き続き、ものづくりの原点である開発力強化に重点を置き、クミブランド商品の提案を積極的に行ってまいります。さらには、海外拠点においても、開発から生産・販売・品質管理まで現地にて一元化できる体制を構築してまいります。
全てのステークホルダーの皆様に感謝される企業を目指して、従業員一同、社業の発展に邁進してまいりますので、今後もより一層のご支援・ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
Aiming at an enterprise that can satisfy customers or is needed by customers through production, the KUMI group has been developed steadily by global business development. I therefore wish to take this opportunity to express my sincere gratitude and appreciation for the patronage and cooperation given by customers, stockholders, business clients, employees, and other many stakeholders. In future, the KUMI group will positively propose KUMI brand products, giving priority to the reinforcement of its developing capacity being a starting point of production. In its overseas bases, the KUMI group intends to set up a system that permits unification of development, production, sale, and quality control on the spot. Aiming at an enterprise that can receive thanks from all of our stakeholders, all of its staff members will make efforts to develop its business. I would like to ask you to give us kind support and cooperation from this time on.
会社概要Company Outline
社  名クミ化成株式会社
本社所在地東京都千代田区神田東松下町47-1日本マンパワービル
創  業1918(大正7)年5月10日
設  立1948(昭和23)年6月12日
資本金3億7,300万円
代表者代表取締役社長 大野之年
売上高連結 473億7,600万円(2014年3月期)
従業員数連結 1,755名
事業内容自動車内装部品の研究開発、設計、製造、販売
OA/通信機器などの樹脂・ゴム製品の製造、販売
取引銀行三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 りそな銀行 東日本銀行 名古屋銀行
主な販売先本田技研工業株式会社 株式会社本田技術研究所 株式会社ホンダアクセス 株式会社ショーワ 株式会社ケーヒン 日本電気株式会社 富士通株式会社 株式会社アライヘルメット 株式会社パイオラックス パナソニック株式会社
関連会社KAMCO Industries.,Inc.(米国・オハイオ) KUMI Canada Corporation(カナダ・オンタリオ) KUMI Manufacturing Alabama, LLC(米国・アラバマ) KUMI(Thailand)Co., Ltd.(タイ・サラブリ) GIK(Thailand)Co., Ltd.(タイ・サラブリ) 株式会社岐阜精密製作所 信濃クミ株式会社
技術提携会社中新塑料有限公司(中国) Supreme Industries LTD.(インド) PT ASTRA OTOPARTS Tbk.(インドネシア) Mollertech Limited社(イギリス)
Company nameKumi Kasei Co., Ltd.
Head officeNihon Man Power Bldg., 47-1, Kanda-higashi Matsushita-cho,Chiyodaku,Tokyo
FoundedMay 10, 1918
EstablishedJune 12, 1948
Capital373 million yen (March 31, 2014)
RepresentativeYukitoshi Ono, President and
Representative Director
Sales Consolidated
Basis
47,376 million yen (for the year ended March, 2014)
EmployeesConsolidated : 1,755
BusinessR&D, design manufacture and sale of automobile interior parts Manufacture and sale of resin and rubber products for OA devices, communications equipment, etc.
Corresponding banksThe Bank of Tokyo-Mitubishi UFJ, Ltd. / Sumitomo Mitsui Banking Corporation / Mizuho Bank, Ltd. / Resona Bank, Ltd. / The Higashi-Nippon Bank, Ltd. / The Bank of Nagoya, Ltd.
Major customersHonda Motor Co., Ltd. / Honda R&D Co., Ltd. / Honda Access Corporation / Showa Corporation / Keihin Corporation / NEC Corporation / FUJITSU LIMITED / Arai Helmet Ltd. / PIOLAX,INC. / Panasonic Corporation
Related companiesKAMCO INDUSTRIES, INC. (Ohio, USA) / KUMI CANADA CORPORATION (Ontario, Canada) / KUMI MANUFACTURING ALABAMA, LLC (Alabama, USA) / KUMI(THAILAND)CO., LTD. (Saraburi, Thailand) / GIK(THAILAND)CO., LTD. (Saraburi, Thailand) / GIFU SEIMITSU SEISAKUSHO CO.,LTD. / SHINANO KUMI CO., LTD.
Technology partnersGUANG ZHOU ZHONGXIN PLASTIC CO., LTD. (China) / THE SUPREME INDUSTRIES LTD.(India)/ PT ASTRA OTOPARTS Tbk.(Indonesia)/ MOLLERTECH LIMITED(UK)
沿革Company History
一覧で見る List view
  • 1918/5
    個人商店にて、日本橋で
    工業用ゴム製品の販売を開始
    Began sales of industrial rubber products
    in Nihonbashi as a private business
  • 1948/6
    法人組織に改め、株式会社久美商会
    (東京都中央区)を設立
    Incorporated under the name
    KUMI SHOKAI CO., LTD. (Chuo-ku, Tokyo)
  • 1972/8
    商号を「クミ化成株式会社」に変更 Changed name to KUMI KASEI CO., LTD.
  • 1975/3
    埼玉県志木市に
    埼玉事業所(製造工場)を設置
    Established Saitama Office
    (manufacturing plant )in Shiki, Saitama
  • 1986/12
    愛知県瀬戸市に
    名古屋事業所名古屋工場を設置
    Established Nagoya Plant
    (Nagoya Operation Center)in Seto, Aichi
  • 1987/6
    アメリカ・オハイオ州に
    KAMCO Industries, Inc.を設立
    Established KAMCOINDUSTRIES, INC.
    in Ohio, USA
  • 1988/10
    新潟県十日町市に
    信濃クミ(株)を設立
    Established SHINANO KUMI CO.,LTD.
    in Tokamachi, Niigata
  • 1995/12
    タイ、アユタヤ県に
    KUMI(Thailand)Co.,Ltd.を設立
    Established KUMI (THAILAND)CO., LTD.
    in Ayutthaya, Thailand
  • 1997/3
    カナダ・オンタリオ州に
    KUMI Canada Corporationを設立
    Established KUMI CANADA CORPORATION
    in Ontario, Canada
  • 1998/6
    クミ化成(株)設立50周年 50th anniversary of establishment KUMI KASEI
  • 1999/4
    群馬県渋川市に関東工場を設置
    操業を開始
    Integrated Shiki plant and Oizumi plant, establishment
    Kanto Plant inShibukawa, Gunma
  • 2000/2
    ISO14001(国際環境システム基準)
    の認証取得
    Acquired ISO 14001 certification
    (international environmental management system standard)
  • 2000/4
    アメリカ・アラバマ州に
    KUMI Mfg Alabama, LLCを設立
    Established KUMI MANUFACTURING ALABAMA
    in Alabama, USA
  • 2001/10
    中国の廣州中新塑料有限公司と
    技術協力契約を締結
    Concluded a technical cooperation agreement with GUANG ZHOU ZHONGXIN PLASTIC CO., LTD. in China
  • 2001/11
    群ISO9001(国際品質基準)の認証取得
    KUMI Mfg Alabama, LLCが操業
    Acquired ISO 9001 certification
    (international quality standard)
  • 2004/4
    企画センターを改組し開発センター設立
    栃木県芳賀町に8月移転
    Established Research & Development Center reorganized Planning Center, and was relocated to Haga-machi, Tochigi
  • 2007/5
    インド・MORIROKU UT INDIA PVT. LTD. 社
    (現MORIROKU TECHNOLOGY INDIA PVT. LTD. 社)
    と技術協力契約を締結
    Concluded a technical cooperation agreement with MORIROKU UT INDIA PVT. LTD. in India
  • 2007/7
    タイ.KUMI(Thailand)Co.,Ltd.に
    ノンケー工場(第2工場)を設置
    Established Nongkhae Plant(2nd Plant)of KUMI(THAILAND)CO.,LTD. in Saraburi, Thailand
  • 2010/8
    開発センターを拡張 Extends Research & Development Center
  • 2011/9
    インド・Supreme Industries LTD.社と
    技術協力契約を締結
    Concluded a technical cooperation agreement with THE SUPREME INDUSTRIES LTD. in India
  • 2011/12
    (株)岐阜精密製作所を株式取得により子会社化 Acquired shares of
    GIFU SEIMITSU SEISAKUSHO CO.,LTD
  • 2012/12
    インドネシア・PT ASTRA OTOPARTS Tbk.社と
    技術協力契約を締結
    Concluded a technical cooperation agreement with PT ASTRA OTOPARTS Tbk. in Indonesia
  • 2013/5
    イギリス・Mollertech Limited社と
    技術協力契約を締結
    Concluded a technical cooperation agreement with MOLLERTECH LIMITED in UK
  • 2013/8
    KUMI(Thailand)Co.,Ltd ノンケーに
    新工場を設置アユタヤ・サハ工場を移転統合
    Established new plant of KUMI(THAILAND)CO.,LTD. in Nongkhae, Thailand. Ayutthaya Plant and Saha Plant were integrated and relocated to Nongkhae Plant
  • 2013/10
    名古屋工場を改組し鈴鹿事業所設立 Reorganized Nagoya Plant and established Suzuka Operation Center
一覧表示
環境方針Environment
環境マネジメントシステム(改訂10版)
ISO14001
基本理念
当社は、自動車・二輪(バイク)部品の設計・開発、製造並びに汎用製品、通信機器・家電・弱電部品のプラスチック製品の製造を行い、広く供給していることを踏まえて、地域社会及び利害関係者から信頼される企業を目指し、活動、製品及びサービスが環境に与える影響を考慮し、環境マネジメントシステムを事業活動の重要課題の一つに位置づけ、パフォーマンス向上の「継続的改善」を実践します。
基本方針
■事業活動や製品及びサービスによる環境への影響を評価し、技術的、経済的に可能な範囲で温室効果ガスの排出量削減、生物多様性保全の取組み、製品含有化学物質管理の推進を包含した環境目的・目標を設定し実施します。
■環境マネジメントシステムの継続的改善を推進します。実践します。
■事故や緊急時の油、液類等の漏出による環境汚染の防止を図ります。
■環境に関係する法的要求事項及びその他の要求事項を明確にし、順守します。又、海外の環境法規制対応にも積極的に取組みます。
■本来業務の中で環境に対するよい影響力の行使を推進します。
■環境教育や社内活動を実施して、当社で働く人及び当社のために働く全ての人に環境方針の理解と環境情報の周知を行い、環境保全に関する意識の高揚・向上を図ります。
■環境に関する地域活動に積極的に参加し、地域社会との共生を図ります。
*この環境方針は要求に応じて社外に公表します。
Environment Management System (Revised edition 10)
ISO14001
Fundamental concept
We design, develop, and manufacture parts for automobiles and bicycles, and also manufacture plastic parts for general-purpose products, communication equipment, household electric equipment and low-current electric parts, and supply them extensively.
Therefore, we regard the environment management system as one of important matters of our business operations and make efforts to improve the performance continuously, with due regard to an influence on the environment to be given by operations, products and services, aiming at a reliable enterprise for the community and the persons interested.
Fundamental policy
■We shall assess an influence on the environment to be given by business operations, products and services, wrestle with the reduction of emission amount of greenhouse effect gas and the preservation of biological diversity as far as technically and economically possible. We shall set up an environmental purpose and goal including the promotion of control of chemical materials contained in products, and shall execute them.
■We shall promote and execute a continuous improvement of the environment management system.
■We shall try to prevent environmental pollution due to leakage of oil and liquid at occurrence of an accident or in an emergency.
■We shall clarify and observe legal requirements related to the environment and other requirements. We shall also wrestle positively with the regulations based on overseas environmental laws.
■We shall promote the use of the good influencing power for the environment in our ordinary business operations.
■We shall make our environmental policy and environmental information known to our employees and persons working for our company through execution of environmental education and our internal activities so that the awareness about the environmental preservation may be enhanced and improved.
■We shall positively participate in local activities related to the environment in order to live together with the community.

* This environmental policy will be announced officially outside the company as required.
Kumi Corporate Governance
わたしたちの行動指針
Kumi Corporate Governance
コンプライアンスCompliance
クミ化成が遵法精神が高い企業であるために
plus
わたしは、社会の一員として、法律を誠実に遵守します。
Ⅰ 「法律遵守」
●法律の正しい理解
関係する法律の内容と精神を正しく理解し遵守すると共に、改正動向を把握し適切に対処します。
●違反時の処置
法律に違反する行為、または違反のおそれがある行為を発見した場合には、所属長、総務部門または企業倫理改善提案窓口に報告、提案、相談します。
●行政機関への報告・届出
法律で求められている行政機関への報告および届出は適切に行います。
Ⅱ 社内規則の遵守
●社内規則の正しい理解
関係する社内規則の内容と精神を正しく理解し遵守すると共に、改定があった場合は適切に対処します。
●違反時の処置
社内規則に違反する行為、または違反のおそれがある行為を発見した場合には、所属長または企業倫理改善提案窓口に報告、提案、相談します。
●報告・届出
社内規則で決められている報告および届出は適切に行います。
Ⅲ 社会規範の遵守
社会の一員として、社会の常識に沿った倫理的な行動をします。
We shall observe the law faithfully as a member of society so that KUMI KASEI Co., Ltd. may be an enterprise with a high spirit of law observance.
I Law observance
● Correct understanding of the law
We shall correctly understand and observe the contents and spirit of related laws, and also shall grasp the trend of law revision and deal with it appropriately.
● Measure to be taken upon violence of the law
When an action against the law or an action having the possibility of violence of the law is found out, we shall notify, give a proposal or have a talk about it with the chief of each own department, general affairs department, or corporate logical improvement proposal window.
● Report or notification to the administrative office
We shall appropriately give a report or notification to the administrative office stipulated by law.
II Observance of our internal rules
● Correct understanding of our internal rules
We shall correctly understand and observe the contents and spirit of the related internal rules. When any part of these rules is revised, we shall appropriately deal with this revision.
● Measure to be taken upon a breach of the rules
When an action against our internal rules or an action having the possibility of violence of the rules is found out, we shall notify, give a proposal or have a talk about it with the chief of each own department or corporate logical improvement proposal window.
● Report or notification
We shall appropriately give a report or notification stipulated by our internal rules.
III Observance of the social standard
We shall take a logical action conforming to the social common sense as a member of society.
交通安全Traffic safety
クミ化成が安全運転普及のリーディングカンパニーであるために
plus
わたしは、交通ルールを守り、安全運転に努めます。 We shall observe the traffic rules and make efforts toward traffic safety so that KUMI KASEI Co., Ltd. may be a leading company in the promotion of traffic safety.
環境保護Environmental protection
クミ化成が地球の環境保全に積極的な企業であるために
plus
わたしは、環境保護のために積極的に行動します。
●廃棄物・汚染物質の適切な処理
開発・生産・物流・販売・サービス・廃棄など事業の全段階において廃棄物および汚染物質の最少化と適切な処理に努めます。
●資源の効率的利用と再資源化
資源やエネルギーの効率的利用と再資源化に努めます。
●法令に基づく測定・記録・報告
土壌、地下水、大気、騒音、臭気等に関する環境の測定、記録、報告は環境法令および社内規則に基づいて行います。
We shall positively conduct ourselves for environmental protection so that KUMI KASEI Co., Ltd. may be an enterprise that is positive for global environmental protection.
● Proper handling of waste and polluted materials
In all the stage of business operations such as development, production, distribution, sale, service, and scrapping, we shall make efforts to appropriately minimize and handle waste and polluted materials.
● Effective use of resources and reuse of resources
We shall make efforts to effectively use resources and energies and reuse them.
● Measurement, record, and report based on the laws
We shall measure, record, and report the environment related to soil, underground water, air, noise, offensive smell, etc. according to the environmental laws and our internal rules.
社会貢献Contribution to the society
クミ化成が企業市民として地域や社会に根ざした企業であるために
plus
わたしは、社会の一員として、積極的に社会貢献活動を行います。
●地域交流
地域イベントへの積極的な参加等を通じて、地域社会との交流を深めます。
●災害支援
災害発生時は、支援活動を積極的に行います。
●ボランティア
ボランティア活動に積極的に参加または支援を行います。
We shall positively conduct ourselves for contribution to the society as a member of the society so that KUMI KASEI Co., Ltd. may be an enterprise originated in the region and society as a corporate citizen.
● Interchange in the region
We shall promote interchange with the regional society through positive participation in regional events.
● Support in disasters
When a disaster occurs, we shall positively play an active part for support.
● Volunteer
We shall positively participate or support in volunteer activity.
情報管理Information management
クミ化成がお客様や取引先からの情報を適切に管理するために
plus
わたしは、機密情報の取り扱いには細心の注意を払います。
●情報セキュリティ管理
什器の施錠や、パソコン本体およびパソコンのパスワード管理など、セキュリティ管理を適切に行います。
●機密情報漏洩禁止
社内の機密情報、取引先の情報およびお客様や従業員などの個人情報を漏洩しません。
●知的財産権の保護
第三者の正当な知的財産権を尊重し、故意に侵害または不正使用を行いません。
We shall take extreme care in handling secret information so that KUMI KASEI Co., Ltd. may manage the information given by customers and customers appropriately.
● Information security control
We shall exert security control in connection to locking-up of office fixtures, PC unit control and PC password control.
● Prevention of secret information leakage
We shall not disclose the secret information of our company, information of customers, and personal information of customers and employees.
● Protection of intellectual property
We shall respect the legal intellectual property of every third person and shall not infringe it intentionally or use it illegally.
安全衛生Safety and hygiene
クミ化成において全ての人々が安全で快適に過ごすために
plus
わたしは、安全で衛生的な環境作りに努めます。
●快適な職場環境づくり
職場の整理・整頓・清潔を徹底し、快適な環境作りを行います。
●喫煙ルールの遵守
喫煙に関するルールやエチケットを守ります。
●災害防止
危険な作業および個所を適切に管理し、災害を防止します。
●不安全作業発見時の処置
職場の危険個所や不安全な作業と思われる行為を発見した場合、直ちに所属長に報告します。
●災害発生時の行動
災害発生時は、人命の安全を最優先し被害の拡大防止に努めます。
●緊急時の連絡
緊急時の対応手順や連絡先を常に把握し、迅速に対応できるようにします。
We shall make efforts to set up a safe and hygienic environment so that all the persons in KUMI KASEI Co., Ltd. may spend the time safely and comfortably.
● Comfortable workshop environment
We shall set up a comfortable workshop environment through rearrangement, readjustment and cleaning of the workshop.
● Observance of the smoking rule
We shall observe the rule and manners defined about smoking.
● Prevention of disasters
We shall manage dangerous operations and positions properly to prevent disasters.
● Measure to be taken upon detection of unstable operations
When we find out any dangerous position or unstable operation in the workshop, we shall immediately inform the chief of each own department of it.
● Action to be taken at occurrence of a disaster
Upon occurrence of a disaster, we shall make efforts to prevent it from being expended while putting top priority to the safety of human life.
● Communication in an emergency
We shall make efforts to grasp a procedure for taking a countermeasure and a liaison office in an emergency so as to take a countermeasure quickly at all times.
差別Discrimination
クミ化成が差別のない公平な企業であるために
plus
わたしは、世界中の人々とお互いの個性や違いを積極的に認め合い、一人ひとりが平等であるという考えの下に行動します。
●差別の禁止
出生、国籍、信条、宗教、性別、人種、民族、年齢、知的身体的障害、病歴、趣味、学歴、社会的地位などによる差別をしません。
●差別表現・用語使用の禁止
差別用語とみなされる言葉や、誤解を招くおそれのある表現あるいは用語を使用しません。
We shall positively recognize mutual differences in individuality with the people in all the world and conduct ourselves under the notion that individuals should be equal so that KUMI KASEI Co., Ltd. may be a fair enterprise without any discrimination.
● Prohibition of discrimination
We shall not discriminate any people by birth, nationality, creed, religion, sex, race, age, mental physical disorder, clinical history, hobby, school career, social standing, etc.
● Prohibition of the use of discriminative expressions and terms
We shall not use any word that may be regarded as a discriminative term and any expression or term that may cause misunderstanding.
プライバシー保護Protection of privacy
クミ化成が個人のプライバシーを尊重する企業であるために
plus
わたしは、プライバシーの保護に最大限の努力をします。
●プライバシー保護法令の遵守
個人のプライバシーを保護する法律や規則と、その精神を遵守します。
●個人情報の無承諾開示の禁止
個人に関する情報を第三者に開示または提供する場合には、本人の承諾を得ます。
We shall make maximum efforts for protection of privacy so that KUMI KASEI Co., Ltd. may be an enterprise that pays regard to the individual privacy.
● Observance of the privacy protection law
We shall observe the laws, rules, and spirit of protection of individual privacy.
● Prohibition of disclosure of personal information without permission
We shall obtain a personal consent before disclosing or providing any personal information to a third person.
取引Transactions
クミ化成が取引先と公正で健全な関係を保つために
plus
わたしは、公正で健全な取引を行います。
●取引先の決定
製品やサービスの調達にあたっては、複数の取引先の中から諸条件を公平に比較評価し、最適な取引先を決定します。
●下請事業者との適正取引
下請事業者との取引にあたっては、下請事業者保護関連法令を遵守し、下請事業者の利益を不当に害する行為は行いません。
●贈与・接待の禁止
取引先との間で、社会通念を越える贈与および接待を受けたり、行ったりしません。
●職位や権限の不当な利用の禁止
職位や権限を利用し、利害関係者から不当な便宜を受けたり、与えたりしません。
We shall fair and sound transactions so that KUMI KASEI Co., Ltd. may keep a fair and sound business relation with each customer.
● Determination of a customer
Before supplying products and services, we shall determine the optimum customer among multiple customers by comparing and evaluating various conditions fairly.
● Proper transactions with subcontractors
Regarding transactions with subcontractors, we shall observe the laws related to subcontractor protection and shall not perform any act that may impair the subcontractor’s profit unjustly.
● Prohibition of donation and reception
We shall not receive any excessive donation or reception from customers against the universally accepted idea.
● Prohibition of unreasonable use of business status and power
We shall not receive or give unreasonable convenience from/to any person interested by using the business status and power.
官公庁との関係Relation with government and municipal offices
クミ化成が自立した私企業として官公庁と健全な関係を保つために
plus
わたしは、 官公庁と健全に接します。
●倫理法令の遵守
公務員倫理に関する法令の精神に沿った行動をします。
●過度な贈与・接待の禁止
商慣習や一般的な社会常識の範囲を超えるような過度な贈与および接待を、官公庁の職員に対して行いません。
We shall make contact with the government and municipal offices so that KUMI KASEI Co., Ltd. may keep a sound relation with them as an independent private enterprise.
● Observance of the moral law
We shall conduct ourselves according to the spirit of the laws related to the morals of civil service.
● Prohibition of excessive donation and reception
We shall not perform any excessive donation and offering, which exceed the range of the business custom and general common sense of the society, for the staff of the government and municipal offices.
コミュニケーションCommunication
クミ化成が、透明性の高い企業であるために
plus
わたしは、社会とのコミュニケーションを大切にします。 We shall put much importance on the communication with the society so that KUMI KASEI Co., Ltd. may be a highly transparent enterprise.
拠点一覧Branch
■本  社■HEAD OFFICE東京都千代田区神田東松下町47-1
日本マンパワービル
Nippon Manpower Bldg. 4F,47-1 Higashi Matsushita-cho,Kanda,Chiyoda-ku,Tokyo 101-0042
■関東工場■KANTO PLANT群馬県渋川市北橘町上南室 164-1164-1 Kaminamuro,Hokkitsu-machi,Shibukawa-City,Gunma-Pref.377-0055
■関東工場/川越管理センター■KANTO PLANT / KAWAGOE CONTROL CENTER埼玉県川越市今福中台2916-12916-1 Nakadai,Imafuku,Kawagoe-City,Saitama-Pref.,350-1151
■開発センター/営業企画室■RESEARCH & DEVELOPMENT CENTER / SALES PLANNING DIVISION栃木県芳賀郡芳賀町芳賀台130-1130-1 Hagadai,Haga-machi,Haga-gun,Tochigi-Pref.321-3325
■東京事業所■TOKYO OFFICE埼玉県さいたま市南区別所7丁目14番37号7-14-37 Bessho,Minami-ku,Saitama-City,Saitama-Pref.336-0021
■鈴鹿事業所■SUZUKA OPERATION CENTER三重県鈴鹿市国府町石丸77557755,Ishimaru,Ko-Cho,Suzuka-City,Mie-Pref.513-0836
■鈴鹿事業所/浜松物流センター■HAMAMATSU TRADING CENTER静岡県浜松市西区湖東町5656-15656-1,Koto-Chou,Nishi-Ku,Hamamatsu City,Shizuoka-Pref.,431-1103
■鈴鹿事業所/熊本管理センター■KUMAMOTO TRADING CENTER熊本県菊池市泗水町永2949-12949-1,Naga,Shisui-Cho,Kikuchi City,Kumamoto-Pref.861-1204
■大泉営業所■OOIZUMI BRANCH群馬県邑楽郡大泉町吉田 2479-42479-4 Yoshida,Ooizumi-machi,Ohra-gun,Gunma-Pref.370-0523
■株式会社岐阜精密製作所■GIFU SEIMITSU SEISAKUSHO CO.,LTD.岐阜県羽島郡岐南町徳田3-1293-129, Tokuda,Ginan-cho,Hashima-gun,Gifu Prefecture 501-6016
■信濃クミ株式会社■SHINANO KUMI CO.,LTD.新潟県十日町市上新井225225,Kamiarai,Tooka-machi,Niigata Prefecture 948-0134
■KAMCO Industries,Inc.1001 East Jackson Street,West Unity,OHIO 43570 U.S.A
■KUMI (Thailand) CO.,LTD.25,Moo4 Nongkhae I.E.,Kokyae,A.Nongkhae Saraburi 18230 THAILAND
■KUMI Canada Corporation55 Reagens Industrial Parkway,RR 1,Bradford,Ontario L3Z 2A4 CANADA
■KUMI Manufacturing Alabama,LLC.2543,7th Street South,Clanton,ALABAMA 35046 U.S.A
■GIK(THAILAND)CO., LTD.32/1 Moo.4 Nongkhae Industrial Estate,Kokyae Sub-district,Nongkhae District,Saraburi Province 18230
■本 社
〒101-0042
東京都千代田区神田東松下町47-1
日本マンパワービル
TEL. 03-5298-1511
FAX. 03-5298-1020
■HEAD OFFICE
Nippon Manpower Bldg. 4F,47-1 Higashi Matsushita-cho,Kanda,Chiyoda-ku,Tokyo 101-0042
TEL.81(- 0)3-5298-1511
Fax.81(- 0)3-5298-1020
■関東工場
〒377-0055
群馬県渋川市北橘町上南室 164-1
TEL. 0279-20-4800
FAX. 0279-52-4949
■KANTO PLANT
164-1 Kaminamuro,Hokkitsu-machi,Shibukawa-City,Gunma-Pref.377-0055
TEL.81-279-20-4800
FAX.81-279-52-4949
■関東工場/川越管理センター
〒350-1151
埼玉県川越市今福中台2916-1
TEL. 049-244-1261
FAX. 049-244-2490
■KANTO PLANT/ KAWAGOE CONTROL CENTER
2916-1 Nakadai,Imafuku,Kawagoe-City,Saitama-Pref.,350-1151
TEL.81-49-244-1261
FAX.81-49-244-2490
■開発センター/営業企画室
〒321-3325
栃木県芳賀郡芳賀町芳賀台130-1
TEL. 028-687-0765 開発センター
TEL. 028-687-0770 営業企画室
FAX. 028-687-0771 共通
■RESEARCH & DEVELOPMENT CENTER / SALES PLANNING DIVISION
130-1 Hagadai,Haga-machi,Haga-gun,Tochigi-Pref.321-3325
TEL.81-28-687-0765
FAX.81-28-687-0762
■東京事業所
〒336-0021
埼玉県さいたま市南区別所7-14-37
14番37号
TEL. 048-710-8280
FAX. 048-863-1157
■TOKYO OFFICE
7-14-37 Bessho,Minami-ku,Saitama-City,Saitama-Pref.336-0021
TEL.81-48-710-8280
FAX.81-48-863-1157
■鈴鹿事業所
〒513-0836
三重県鈴鹿市国府町石丸7755
TEL. 059-378-4337
FAX. 059-370-0789
■SUZUKA OPERATION CENTER
7755,Ishimaru,Ko-Cho,Suzuka-City,Mie-Pref.513-0836
TEL.81-59-378-4337
FAX.81-59-370-0789
■鈴鹿事業所/浜松物流センター
〒431-1103
静岡県浜松市西区湖東町5656-1
TEL. 053-484-3591
FAX. 053-484-3592
■HAMAMATSU TRADING CENTER
5656-1,Koto-Chou,Nishi-Ku,Hamamatsu City,Shizuoka-Pref.,431-1103
TEL.81-53-484-3591
FAX.81-53-484-3592
■鈴鹿事業所/熊本管理センター
〒861-1204
熊本県菊池市泗水町永2949-1
TEL. 0968-38-5577
FAX. 0968-38-5578
■KUMAMOTO TRADING CENTER
2949-1,Naga,Shisui-Cho,Kikuchi City,Kumamoto-Pref.861-1204
TEL.81-968-38-5577
FAX.81-968-38-5578
■大泉営業所
〒370-0523
群馬県邑楽郡大泉町吉田 2479-4
TEL. 0276-63-2730
FAX. 0276-63-2732
■TOKYO OFFICE/OOIZUMI BRANCH
2479-4 Yoshida,Ooizumi-machi,Ohra-gun,Gunma-Pref.370-0523
TEL.81-276-63-2730
FAX.81-276-63-2732
■株式会社岐阜精密製作所
〒501-6016
岐阜県羽島郡岐南町徳田3-129
TEL. 058-271-2228
FAX. 058-274-1951
■GIFU SEIMITSU SEISAKUSHO CO.,LTD.
3-129,Tokuda,Ginan-cho,Hashima-gun,Gifu Prefecture 501-6016
TEL. 81-58-271-2228
FAX. 81-58-274-1951
■信濃クミ株式会社
〒948-0134
新潟県十日町市上新井225
TEL. 025-768-4385
FAX.025-768-2919
■SHINANO KUMI CO.,LTD.
225,Kamiarai,Tooka-machi,Niigata Prefecture 948-0134 TEL. 81-25-768-4385
FAX. 81-25-768-2919
■KAMCO Industries, Inc.
1001 East Jackson Street,West
Unity,OHIO,43570. USA
TEL. 419-924-5511
FAX. 419-924-2610
■KUMI (Thailand) CO., LTD.
25 Moo 4 Nongkhae I.E.,
T. Kokyae,A.Nongkhae
Saraburi 18230 THAILAND
TEL. 0-3637-4107
FAX. 0-3637-4111
■KUMI Canada Corporation
55 Reagens Industrial
Parkway, RR 1, Bradford, Ontario
L3Z 2A4 CANADA
TEL. 905-778-1464
FAX. 905-778-1467
■KUMI Manufacturing Alabama, LLC.
2543,7th Street South,P.O. Box 1980,Clanton,ALABAMA 35046. USA
TEL. 205-280-1265
FAX. 205-280-1356
■GIK(THAILAND)CO., LTD.
32/1 Moo.4 Nongkhae Industrial Estate,Kokyae Sub-district,Nongkhae District,Saraburi Province 18230 THAILAND
TEL. 66-036-374-371-2
FAX. 66-036-374-373
海外での現地一元化を推進。
信頼のグローバルサプライヤ。
Reliable global network in liaison
with domestic and foreign bases.

クミ化成は、アジアと北米地域に開発・生産拠点を有し、国内の開発および生産拠点と緊密に連携したグローバルネットワークを構築しています。
There are our development and production bases in Japan, North America and Asia that configure a global network.
To the customers under overseas development, we offer KUMI-quality products and supports.
  • global_roll
  • global_roll
global_factory_1 global_factory_2 global_factory_3 global_factory_4
製品情報Product Information
  • フロントピラーFront pillar
  • センターピラーアッパーCenter pillar upper
  • リアピラーRear pillar
  • グラブレールGrab rail
  • コラムカバーColumn cover
  • カウルサイドCowl side
  • フロントサイドFront side
  • センターピラーロアーCenter pillar lower
  • リアサイドライニングRear side lining
  • テールゲートライニングTail gate lining
  • リアパネルRear panel
  • リアフェンダーRear Fender
  • ラジエターグリルRadiator grill
  • 汎用エンジンファンカバーEngine fan cover
  • ヘッドライトケースHead light case
  • 家庭用コージェネファンカバーCogeneration fan cover
  • KKクロスKK cloth
  • 熱伝導グラファイトシートGraphite sheet
  • カメラカバーCamera cover
部位情報Parts Information
  • フロントピラーFront pillar
  • センターピラーアッパーCenter pillar upper
  • リアピラーRear pillar
  • グラブレールGrab rail
  • コラムカバーColumn cover
  • カウルサイドCowl side
  • フロントサイドFront side
  • センターピラーロアーCenter pillar lower
  • リアサイドライニングRear side lining
  • テールゲートライニングTail gate lining
  • リアパネルRear panel
研究開発
Research & Development
  • GRIP耐久試験機(操作/荷重)
    GRIP endurance test machine
    (operations/load)
    グラブレールやグリップを数万回繰り返し操作させたり、過負荷を掛けて耐久試験を行う装置。 This machine is used to make an endurance test by operating the Grab rail or the grip tens of thousands of times or applying an overload.
  • ビルトインチャンバ
    (大型恒温恒湿槽)
    Walk-in chamber (large-size thermostatic
    and constant humidity chamber)
    高温、低温、高湿、サイクル試験等の環境化で製品を老化促進させ、各雰囲気下での製品性能不具合や外観異常(隙間、変形)がないかを調べる。 This chamber is used to make a check for product performance fault or appearance fault (clearance and deformation) in each ambient atmosphere by promoting product aging in different environments of high temperature, low temperature, high humidity, cycle test, etc.
  • 頭部衝撃試験機Head impact test machine
    Gセンサーが内蔵された頭部インパクタを試験機から製品に発射させ、頭部インパクタが受ける衝撃を測定し、頭部傷害値(HIC)として評価する装置。 This machine is used to evaluate the head impact as a head injury count (HIC) by applying a head impacter incorporating a G sensor to a product and then measuring the impact received by the head impacter.
  • サーマルショック試験機Thermal shock test machine
    製品を加熱した後に急冷するなど急激な温度変化を与え、外観異常や電装部品の性能に問題がないか調べる装置。 This machine is used to check whether any abnormality of appearance or any problem of electric component performance is caused by giving a sudden temperature change such as rapid cooling after a product is heated.
  • キセノン耐光試験機
    Xenon light
    resistance test machine
    キセノンランプの光を一定量照射し、光による部品の色劣化や外観異常を促進させる装置。 This machine promotes color deterioration or appearance abnormality of a component due to light by irradiating a fixed quantity of Xenon lamp light.
  • デジタルマイクロスコープDigital microscope
    製品の断面や表面の拡大観察や3次元形状測定をする装置。 This device is used to observe the section or surface of a product in a magnified form and measure a three-dimensional shape.
  • 垂直入射吸音/透過損失測定機
    Vertical incident sound absorption/
    transmission loss measuring machine
    吸/遮音特性を調べる。遮音筒内にサンプルを置き、音の損失を測定する。 This machine is used to check the sound absorption/sound shield characteristic.The sound loss is measured with a sample put in the sound shield cylinder
  • 引張試験機Tensile test machine
    テストピースや製品の引張強度、圧縮強度を測定する装置。また、高温・低温雰囲気下でも測定ができるように恒温槽内でも引張試験が可能。 This machine is used to measure the tensile strength or compressive strength of a test piece or product. A tensile strength test can also be made in a thermostatic chamber so that measurement can be made at a high temperature or low temperature.
  • 加振機Vibration tester
    製品に特定の振動を加え、雑音や操作不具合がないか調べる装置。 This machine applies a specific vibration to a product to determine if there will be any noise or operation fault.
  • ARM REST耐荷重試験機
    ARM REST load resistance
    test machine
    ARM RESTに数千~数万回の過負荷を繰り返し掛け、長期間使用した後に割れや変形などの問題が発生しないか調べる装置。 This machine applies an overload to the arm rest repeatedly (thousands to tens of thousands of times). This is to determine if there will be any problems such as cracks or deformation after a long-period use.
  • 構造解析Structural analysis
    設計したデータ上で、製品にある力が加わった時の応力や変位を数値で可視化し、シミュレーションにより強度性能や製品の最適形状を予測検証する。 On the designed data, the stress or displacement resulting from a force applied to a product is visualized by numeric value. Thus, the strength performance or the optimum product shape is estimated or verified by simulation.
  • 流動解析Moldflow analysis
    射出成形における金型内部の樹脂の充填バランスや成形不良を予測し、製品形状や金型仕様、成形条件の最適化を事前検証する。 This analysis is intended to estimate a filling balance or molding defect of resin within the metal mold in injection molding and verify the optimization in advance about the product shape, metal mold specifications and molding conditions.
技術情報Technological Information
設計~製造の一貫体制を活かし、基幹のINJ技術を進化させています。We are developing the basic injection technology by making
the most use of our consistent system ranging from design to manufacture.
薄肉インジェクションThin Thickness Injection
・設計~製造の一貫体制を活かし、基幹のINJ技術を進化させた薄肉成形技術。
・CAE流動解析を駆使し製品設計から外観ヒケ・ウェルドをコントロール。
・クミ化成独自のヒケレス成形技術により、業界TOPクラスの薄肉化を実現。
● Thin molding technology resulting from development of the basic injection technology by making the most use of our consistent system ranging from design to manufacture.
● Sink marks and weld lines are controlled for superior appearance by using the CAE flow analysis in the stage of product design.
● The top-class thinning technology in the industry has been realized by the original sink mark-free molding technology of KUMI KASEI Co., Ltd.
発泡インジェクションFoaming Injection
・独自の発泡化技術で業界TOPクラスの高発泡率を達成。
・INJ工程の緻密な制御で良好な外観を達成。低コスト化にも貢献。
・独自材料ブレンドで外観不良レスと高発泡化を両立。
● The top-class high-foaming ratio in the industry has been achieved by the original foaming technology.
● An excellent appearance has been achieved by fine control of the injection process. This also contributes to cost reduction.
● Both defect-free appearance and high foaming are realized by the original material blend.
ガスインジェクションGas Injection
・ガスアシストによる中空構造を持たせたINJ成形技術。
・CAE技術を駆使した設計で軽量化と高剛性化を両立。
● INJ molding technology provides a hollow structure by using gas assist.
● Both weight reduction and high rigidity are realized by the design using the CAE technology and realized in the molding optimization process.
熱成形フェルトThermo Forming Felt
・PPからフェルト素材への材料置換により軽量化と外観商品性を両立。
・独自3層構造素材による優れた防音性能。
・INJ部品とフェルトを高強度で締結する溶着技術。
・全自動組立ラインによる低コスト化。
・生産時に排出される端材をリサイクル燃料化(RPF化)。
● Both weight reduction and excellent-appearance are realized by substituting polypropylene for felt material.
● Excellent sound-proof performance is realized and controlled in the manufacturing process.
● Welding technology enables injection components and a felt material to be bonded together for high strength and desired appearance.
● Cost reduction by using a fully-automated assembly line is achieved.
● The waste materials discharged at production are recycled as fuel (RPF).
加飾インジェクションDecorative Injection
・各種表皮のインサート成形で接着剤が不要となり環境に優しく、大幅コストダウン達成。
・表皮の質感を維持した特殊INJ技術。
・製品端末の表皮を自動で巻き込み外観性に優れた技術。
・発泡インジェクションとの併用で軽量化、優れた外観性商品性を両立。
● The insert molding of various skins requires no adhesive, resulting in environment-friendly and lower-cost performance.
● Special INJ technology that maintains the texture of skin.
● Technology that can roll the skin at the product end provides an excellent appearance.
● Both weight reduction and excellent-appearance are realized by using foaming injection together.
採用情報
INTERVIEW
intervew_1_1
関東工場長
日野慎司 Shinji Hino
元気良く、楽しく仕事をして欲しい
責任ある仕事もどんどん任せたい
一番に望むことは、毎日元気良く楽しく仕事をして欲しいということですね。クミ化成は、上司部下という関係を越えて、みんなで一緒に取り組んでいくチームワークの良さが特徴なので、その中で、若い人たちには伸び伸びと仕事をして欲しいと思ってます。やはり、楽しく仕事ができてこそ、充実感も得られるわけですからね。
責任ある仕事もどんどん任せてます。元気があって、ヤル気を持った人は大歓迎。失敗を恐れずにチャレンジして欲しいですね。最近は、頭の中だけで判断して失敗を避けるような雰囲気が強いでしょ。でも、自分で実際にやってみて学べることは大きいですし、チャレンジしてこそ、自分の知識やスキルが本当に向上していきますからね。チーム全員でサポートし合って、温かく見守りながら、若い人たちを第一線の活躍する優秀な技術者に育てていきたいと思ってます。
intervew_1_2
intervew_1_1
技術
山﨑翔太 Syouta Yamazaki
関東工場 技術課
2011年入社(機械工学科卒業)
新車開発に積極的に参加
TIER 1サプライヤとしてのやりがい、充実感
樹脂成形の生命線を担当。やりがいのある仕事
関東工場の技術課に所属し金型の推進を担当しています。金型の推進とは、部品の設計図にもとづいて金型を設計し仕上げるまでのことで、精度の高い部品を正確に生産するための重要な作業を任されています。成形にとって金型は生命線ですし、それまで図面上やCADソフトの中の3D画像でしかなかったものを、リアルな部品として誕生させることが、この仕事の醍醐味だと思います。部品の品質を左右するので大きな責任も感じますが、その分、やりがいも大きいですね。特に当社は薄肉成形や中空成形技術をアドバンテージとしているので、それだけ高度な金型が必要になってきますし、難しさはあります。実際の金型製造は専門メーカーに依頼するので、金型メーカーの技術者の方に自分の考えや設計の意図を伝えて、協力し合いながら、金型の高品質化に取り組んでいます。
intervew_2_2
新車開発に参加。新しいデザイン、成形に挑戦
自動車向けの部品では、当社はTIER 1サプライヤ(一次メーカー)なので、新車開発の初期段階から、金型セクションを担当する技術者として部品作りに参加し要求をしています。でも、我々としてはこれまでにない形状にドンドン挑戦していくことも必要ですし、難しい注文ほど、技術者としてファイトも湧いてきますね。デザインイメージをいかに反映させながら、部品としての軽さや十分な強度を得るか、日々、金型と格闘してます。

手掛けたクルマを見かけた時、大きな充実感
そうやって自分が立ち上げた金型で部品が量産されて、それらを採用したクルマが発表された時には達成感がありますね。街中で走っているのを見る時は嬉しいですよ。最初に手掛けたクルマを見かけると特別な思いがあります。クミ化成にいることでクルマ開発の最初の段階から携わることができるし、金型の起こしからやってきた部品をディーラーに置いてあるクルマで見た時、この会社に入って良かったと思います。 将来は海外勤務を経験してみたいですね。今でも海外工場との連携というのはありますが、実際に自分が海外に行って仕事をすることで、技術者としての視野をさらに広げてみたいと思ってます。
intervew_1_1
品質管理
松本祐樹 Yuuki Matsumoto
関東工場 技術課
2011年入社(機械工学科卒業)
より良い品質を求めて多角的に取り組む
クミブランドを守る責任と大きな達成感
クミブランドの守り役。品質を保証する大きな責任
関東工場で品質管理を担当しています。この工場で生産されている全ての製品が所定の品質を備えているかを評価して、それを維持するよう管理するのが私の仕事で、言わば、「クミブランド」の守り役ですね。品質管理の仕事内容としては大きく三つあって、まず一つ目が量産管理。これは生産が立ち上がった製品の品質をチェックして、良い品質を維持してくための工程を作成しています。次に二つ目は、取引先や生産品目が多数あるので、それらの生産工程の管理と不具合の対策を行っています。三つ目は、新しい部品をより良いものにするために、技術課と協力し合いながら、生産の立ち上がり段階から品質の向上に取り組んでいます。
intervew_2_2
違う部門と連携し、抜群のチームワークで対応
開発される車種が増えたことで、我々が製造する部品もますます増えてきています。部品の点数が増えたことで金型の種類が増加し、品質管理のための業務も複雑になってきています。そこで、これは現在力を入れているところなんですが、技術課と協力し合って、生産の立ち上がり段階から品質の向上に取り組んでいるところです。設計と生産の両段階を横断する立場から、より高い品質を目指してます。やはり、良いものを造るためには、複数のセクションの連携がとても大切ですし、その点、クミ化成は部署間の垣根もないので、チームワークはとても良いと思いますよ。

お客さまの評価に達成感。今後はさらに幅広い知識を
クミ化成は、若手にも責任ある仕事をどんどん任せてくれるので、大変さはありますけど、自分の知識やスキルが上がっている確かな手ごたえがあります。お客さまから品質について高い評価をいただいた時には、大きな達成感ありますね。もともとクルマが好きで、自動車に関連した仕事に就きたいと思っていたんですけど、部品という実際に目に見えるモノを造ることができているのでやりがいがあります。自分が担当したクルマを見かけた時は嬉しいですね。 クミ化成に入社したことの喜びを感じます。今後は、開発や設計の仕事もやってみて、樹脂成形についての広範囲な技術を修得したいと思ってます。
intervew_1_1
生産
町田直樹 Naoki Machida
関東工場 生産課
2007年入社(普通科卒業)
生産ラインの視点から品質向上に貢献
知識と経験を応用して、問題を解決
樹脂成形は生き物。品質チェックが欠かせない
生産課に所属し、工場の生産や組み立てラインを担当しています。納入先である自動車メーカーの工場はジャストインタイム体制なので、日々種類の変わる生産部品を、品質管理課からの作業標準書に沿って、必要な量を指示されたスケジュール通りに生産するための作業を行っています。生産ラインで、特に重要なのが品質の維持になりますね。成形機をセットすれば後は同じものがずっと自動的に造られていくわけではないので、つねに品質をチェックする必要があります。季節によっても品質が変化してしまう場合もあるので、細かく調整していかなければなりません。樹脂成形というのはデリケートで、生き物という感じがします。難しさはありますけど、面白さもありますね。

生産ラインの視点からクミクオリティを支える
生産ラインの中での品質管理も我々の重要な仕事です。実際に生産を開始して判明することも多いですからね。
intervew_2_2
品質が変化してきた場合、その原因が金型にあるのか、他の要因も絡んでいるのか、生産の担当者として見極めながら、技術課や品質管理に情報をフィードバックして、いち早く対処しています。薄肉成形やフェルトの加熱成形など、クミ化成が得意とする成形技術が色々とあるので、生産ラインで発見したノウハウをそれらの技術に生かしてもらってます。クミクオリティを支える一員として頑張っていますよ。

自分で応用しながら問題解決。将来は金型設計も
仕事は、基本に忠実であることは大切なんですけど、基本だけ知っていても実際の仕事では通用しません。やはり応用ができないと。教えて貰った基本と自分なりに得た知識や経験を活かして、工程や品質の面でのいろいろな問題を解決できていった時にやりがいを感じますね。そうやって自分の考えが反映された良い製品が目の前で出来上がってくるので、達成感はあります。生産ラインは24時間交代制で作業を行っているんですが、チームリーダーとしての責任ある立場も任されていて、やりがいも大きいです。
生産課にきてまだ数年ですが、生産ラインで得た知識や経験を活かして、将来は技術課の仕事もしてみたいですね。さらに勉強して、金型の設計をやってみたいと思ってます。部品をディーラーに置いてあるクルマで見た時、この会社に入って良かったと思います。
将来は海外勤務を経験してみたいですね。今でも海外工場との連携というのはありますが、実際に自分が海外に行って仕事をすることで、技術者としての視野をさらに広げてみたいと思ってます。
intervew_1_1
開発センター所長
西野正志 Masashi Nishino
広い視野、やわらかい発想が大切
オンリーワンのモノづくりを目指して欲しい
若い人たちには、既成の考え方や枠にとらわれないで、広い視野とやわらかい発想も持って仕事に取り組んで欲しいですね。基礎技術や蓄積されたノウハウがあってさまざまな応用ができますけど、それだけでは限界もあります。ブレークスルーは思いがけない発見や大胆な発想の転換から生まれてくるので、伸び伸びといろいろなことにチャレンジしてもらいたいですね。 当社は今、海外拠点での研究開発や設計体制を強化して現地での一元化体制を進めているので、意欲のある人は海外にもどんどん送り出したいと考えてます。世界は日本のモノづくりや技術にとても注目していますし、我々の製品への期待も大きいんですね。自分が主体となった仕事の中で色々な知識や経験を吸収して、ゆくゆくはグローバルなステージで、クミ化成らしいオンリーワンの製品づくりをして欲しいなと思います。
intervew_5_2
intervew_1_1
設計
武藤一輝 Kazuteru Mutou
開発センター 設計課
2011年入社(機械サイエンス学科卒業)
自分が主体となって問題をクリア
クルマが発表された時に、大きな達成感
最良の部品を求めて苦心。設計の醍醐味を満喫
開発センターで、主にクルマの内装部品の設計をしています。自動車メーカーからのデザインイメージを基にして、それを図面に仕上げていくんですが、その際、車体との取付け方法や金型をどのように作成するかなど、色々なことを検討しなければなりません。さまざまな条件を踏まえながら、ミリ単位で形状の修正を繰り返して3D CAD図面に落とし込んでいってます。 設計の仕事で重要となるのが、要求されるデザインを樹脂成形で実際に製品化できるかどうかを判断する初期検討になります。成形が不可能なデザインである場合も少なくないですよ。お客さまからのデザイン要求と、当社の技術や生産担当者の意見を擦り合わせながら、双方が最大限に満足できる形状を発見していくのが、私の仕事になります。お客さまにデザイン変更をお願いすることも珍しくないですし、
intervew_2_2
いろいろな問題を一つひとつクリアしていきながら、納得のゆく図面が完成した時の喜びはとても大きいです。まさに、設計の醍醐味だと思います。

携わってきたクルマが発表された時、大きな達成感
クミ化成の技術や品質に対して高い評価を頂いているので、お客さまから発注される仕事量も多いです。複数の車種のたくさんの部品を担当しなければならないので、大変さもありますけど、自分の考えを取り入れてもらって、部品の形が決まっていく時には達成感がありますね。設計の最初から最後まで苦労した部品ほど思い入れは強くなりますし、そんな苦労して完成したクルマが世の中に発表された時は、とても嬉しいですよ。こういう喜びは、やはりTIRE 1の会社じゃないと得られないものだと思うので、クミ化成に入って良かったなと実感します。

自分が主体となって仕事。今後は海外拠点でも働いてみたい
入社した時から実際の設計を任されています。上司はつねにサポートしてくれますが、自分が主体となって仕事ができるところが、クミ化成の良さじゃないでしょうか。ひとつの製品が完成する度に、自分が成長している手ごたえがあります。
今後は、アメリカの拠点にも行ってみたいですね。日本とは違う車種があって部品の規格なども異なるので、もっと色々な部品の設計をやって、技術者としてさらに成長し、レベルアップしていきたいと思ってます。
intervew_1_1
研究開発
小此木裕行 Hiroyuki Okonogi
開発センター 研究開発課
2007年入社(応用化学科卒業)
新しい材料や成形技術を開発
次世代の部品を求めてチャレンジ
独自の部品を開発し、お客さまのニーズに応える
研究開発課に所属して、新しい成形材料や製造方法の開発を行っています。クルマの場合、ハイブリッド車が増え燃費競争も激しくなっているので、我々が造っている部品も軽量化が一番に求められています。軽量化して、品質を向上させて、さらにコストダウンも図らなければならないので、そのようなニーズを応えられるクミ化成ならではの魅力的な部品を造り出すことを目標に開発に取り組んでいます。
クルマの部品の場合、安全性や耐久性の点で厳しい基準がクリアしなければならないので、単に軽くして安く造れればいいというわけではないんですね。ハードルは高いんですけど、チャレンジのしがいはあります。自分のアイデアもどんどん活かせるので、とても面白い職場ですよ。
intervew_2_2
さまざまな課題、テーマに取り組み、たくさんの発見
クミ化成はいろいろな軽量化技術を持っているんですが、新しい成形技術の開発にも取り組んでいます。薄肉化しても十分な強度や耐久性を得られるような形状や成形方法であるとか、あと樹脂材料の改良も欠かせないので、材料メーカーと協同で新材料の開発も進めています。
今後、素材として利用が広がっていきそうなのが、当社が得意としているフェルト素材ですね。素材自体が軽量な上、クルマの内装部品として使うのに適した特性を色々と持っているので、さらに研究を進めていって、これまでにない使用方法や付加価値を持った部品を、お客さまに積極的に提案していきたいと思ってます。課題や開発テーマはたくさんありますし、仕事を進めていく中で色々な発見があって興味は尽きないですね。

海外拠点での開発体制の強化に貢献してみたい
仕事の達成感を感じるのは、やはり開発した部品を使用したクルマが発表された時ですね。開発にタッチしてから部品が世の中に出るまで数年かかっているので、発売を迎えた時の喜びはとても大きいです。 あと今後はぜひ海外にも行ってみたいですね。当社は今、海外拠点の現地一元化を進めているので、そこでの開発力の強化のために頑張ってみたいと思ってます。
intervew_1_1
研究開発
高嵜和也 Takasa kiKazuya
開発センター 研究開発課
2009年入社(化学科卒業)
シミュレーションを駆使し、品質を高める
今後は海外でも解析の仕事をやってみたい
コンピュータ解析を駆使し、設計精度を高める
開発センターの研究開発課で、コンピュータシミュレーションを使って部品の構造解析をやっています。具体的には、設計から上がってきた部品データに基づいて、その部品がクルマに取り付けられた際にどのような荷重がかかるかなど、実際の使用状況を想定したさまざまな条件を与えたシミュレーションを行って、部品の性能を検証しています。シミュレーション解析をしてみて判明する不備もあるので、設計の担当者とやり取りしながら、部品を製造する前の段階で不備をできるだけ無くす作業をしています。
最近は部品の開発期間が短くなってきていて、より効率的で高精度な設計が求められているので、我々のやっているシミュレーション解析の重要性が増してます。
intervew_2_2
解析通りの性能が得られた時、面白さを実感
コンピュータ解析を繰り返して仕上げた設計データで部品を試作して、耐久試験などのテストを行って想定していた通りの性能が得られた時は、この仕事の面白さを実感します。ただ、想定通りにいかない場合も少なくないので、そういう場合は、解析上のデータと実際の試験データの違いを検証して、擦り合わせながら解析の精度を高めていってます。それにソフトウェアも万能ではないですから、我々が製造している部品に合った解析方法を見つけていくことも重要な仕事で、難しいですけど、やりがいを感じます。

構造解析の業務を海外に移植していきたい
仕事の達成感を感じる時は、やはり担当したクルマが発表された時ですね。テレビCMやネットなんかで自分のやった部品が見られたりすると、嬉しいですよ。 今後は、アメリカの拠点に行って、今やっている構造解析の業務を移植してみたいなと思ってます。そのためにも、これからもっと解析についての知識を蓄積してスキルアップしてきたいですね。
intervew_1_1
営業
水戸光範 Mitsunori Mito
開発センター 営業資材課
2009年入社(国際関係法学科卒業)
提案型営業で、クミ化成の技術を売り込む
仕事とまとめ役として、大きな充実感
情報をいち早くつかみ、魅力的な製品を提案
営業セクションに所属して、お客さまにクミ化成の技術を売り込んでいく仕事をしています。クルマであればかなり初期の企画段階からタッチすることになるので、どのようなコンセプトのクルマなのか、そこではどのような部品が必要とされているかなど、いろいろな情報をキャッチして、開発や設計のスタッフと協力しながら、当社ならではの新しい技術や製品を提案しています。
軽量化と同時にコストダウンの要望も強いので、それにもちゃんと応えていかなければなりません。お客さまにとってより魅力的な提案にするためには、どのようにしたらベストなのか、提案の方向性や内容をまとめていくことが中心になりますし、それがこの業務の面白さでもあると思います。
intervew_2_2
クミ化成の技術や品質をもっとアピールしていきたい
クミ化成が得意としている部品だけではなくて、これまで手掛けたことのない部品の受注も積極的に狙っていきたいと思ってます。特に当社は軽量化について色々な技術を持っているので、クミ化成にしかできないものをどんどんアピールしていきたいですね。そういった軽量化技術や品質を評価して頂いて、受注後もさらに他の部品の生産も依頼されると、仕事の手ごたえを感じます。お客さまからの信頼にもっと応えていきたいと、さらにヤル気も出ますね。

営業の仕事に充実感。今後は海外勤務にもトライ
お客さまからの要望と社内の意見に差がある場合もあります。すんなりと進むことの方が少ないですからね。仕様やコスト面での要求が厳しいと、頭を抱えるようなこともあるんですけど、そこを解決していって、お客さまに喜んでいただいた時は嬉しいですね。営業という仕事にとても充実感を感じています。
海外にも興味があるので、今後は海外勤務もぜひやってみたと思ってます。あと、これまでいくつかの部署を経験してきているので、その経験や知識を活かして、業務全体を見渡せるような仕事もやってみたいですね。
募集要項
1.募集職種
研究開発、設計、生産技術、品質管理、営業、財務会計
2.勤務地


研究開発/設計/営業:栃木県芳賀町
生産技術/品質管理:群馬県渋川市/三重県鈴鹿市
財務会計:東京都千代田区
3.待遇 初任給


学部卒:202,380円 (2014年4月実績)
大学院:212,380円 (2014年4月実績)
(住宅・食事手当含む)
4.労働時間
8:30~17:30(実働8時間)
5.休日等 年間休日


119日
特別休暇:慶弔、リフレッシュ休暇
有給休暇:初年度11日、6年後20日
6.福利厚生

各種保険(健康、厚生年金、雇用、労災、介護)
育児休暇、介護休暇、ホンダ車購入奨励制度、住宅・車資金融資制度、確定給付企業年金制度
7.教育・研修




新入社員研修:集合教育、OJT教育
実務教育:業務に必要な専門研修、個別技能教育、品質管理教育
     英会話研修(海外赴任者向)、自己啓発援助(全額会社負担)
階層別教育 :マネジメント教育
資格取得援助制度:(業務に必要な資格・免許(全額会社負担))
8.採用予定人数
10名
1.募集職種
研究開発、設計
2.勤務地
研究開発/設計:栃木県芳賀町
3.待遇
年齢・経験・前給を十分に考慮の上、当社規定により話し合いの上で決定いたします。
4.労働時間
8:30~17:30(実働8時間)
5.休日等 年間休日


119日
特別休暇:慶弔、リフレッシュ休暇
有給休暇
6.福利厚生

各種保険(健康、厚生年金、雇用、労災、介護)
育児休暇、介護休暇、ホンダ車購入奨励制度、住宅・車資金融資制度、確定給付企業年金制度
7.教育・研修



実務教育:業務に必要な専門研修、個別技能教育、品質管理教育
     英会話研修(海外赴任者向)、自己啓発援助(全額会社負担)
階層別教育 :マネジメント教育
資格取得援助制度:(業務に必要な資格・免許(全額会社負担))
8.採用予定人数
若干名
新卒FAQ
選考・配属について
採用したいひと
学生時代に何を目標として(夢)、どのように考え(計画)、その実現のために何をやったか(実行)、そして今それがどの位置・状態にあるか(チェック)などきちんと説明できる人を採用したいと考えています。
例えば、開発や設計、生産技術は、完成したクルマの華やかさに比べむしろ地味でハードな面があります。が、クルマとして結実した時、喜びを皆と共有できる人なら大歓迎です。
大きな夢をもって飛び込んできてください。
職場見学は出来ますか?
選考の中で工場あるいは開発センターの見学を予定しています。実際にモノ造りの現場や研究開発施設などを見ていただきます。セミナーでの話や先輩社員の話の裏づけを見学時に捉えてください。
希望した職種・勤務地は考慮されるか?
クミ化成の新卒者募集は、将来の幹部となる総合職としての募集です。したがって、希望の職種は十分考慮しますが、必ずしも本人の希望が叶うとは限りません。ただし、なるべくお住まいの近くで働くことが会社にも本人にもメリットがありますので、要員計画と希望職種が合えばお住まいの近くで、ということが実現します。最終的には、適性、事業計画、人事計画などを総合的に判断して決定します。
会社・仕事について
社内の雰囲気、社風は?
仕事へのモチベーションは基本的にはそのことが好きということだと思います。 クミでいえばクルマがなによりも好きという人間がたくさんいます。クミには技術に上下の別なし、という長いあいだ受け継がれた社風があり、技術系の部署では入社2、3年目の若手がベテラン相手に技術論を交わしている光景が見られます。当初はコテンパンにやられてしまいますが、若手は生意気くらいが丁度いい、という雰囲気です。自分の職場に共通のことばを自由に話せる仲間がいる、一人ひとりがその道のスペシャリストを目指し、互いに切磋琢磨する、そんな社風を持った会社です。
顧客第一という理念は?
「顧客第一」の理念は当たり前のことですが、これを維持し実践しつづけることが如何に難しいか、いつも思い知らされます。
この製品は顧客満足に繋がるか、喜ばれるか、同時に自分が満足できるかなど。満足の範囲は広くクミではQCDMの分野で世界トップクラスを目ざしています。
当社では、「QCDMの分野で、他社を圧倒するアドバンテージを」を目標に、日々の業務の中で培っています。
ちなみに、QCDMとは、品質Q、コストC、開発D、マネジメントMのことで、そのトップクラスが顧客満足に繋がると信じて活動しています。
必要なスキル・社員研修について
入社後の社員研修など
クミの研修は社員の階層、専門性に応じて研修教育プログラムが組まれています。
入社してすぐの新人研修はその入口です。会社概要、企業人としてのマナー、品質教育、製造現場実習等を行います。
その後は配属先でのOJT。先輩について習うOJTは、先達のスキルの伝承継続ということのほか、インジェクションスクールやCAD研修など通じて自身のスキルを開拓する役割があります。
また、新人の半年間は、公私共にサポートするアドバイザー(入社2~3年の先輩)がつきます。
身につけたい資格・技能
パソコン操作については、WORD、EXCELはビジネスパーソンには最低限必要な技能といってもいいでしょう。新人研修には習得を目的とした講座はありません。苦手の人は入社までに習得してください。
仕事に必要な資格・技能は仕事をスムーズするために生まれ、編み出されたものです。学生の間はご自身の夢に結びつくものに挑戦されるとよいと思います。資格や免許は自身のスキルをアピールする格好の物差ですね。また、取得までの努力も大いに買いたいと思います。
英語については、入社2、3年で海外出張という時代ですから必要な能力といえます。北米はもとより中国でもタイでも基本的には英語で仕事をします。専門的な技術用語は仕事の中で身につければよいので、学生時代はコミュニケーション英語に力点を置いて勉強されるといいと思います。
サイトご利用条件Conditions for using the site
このウェブサイトhttp://www.kumi.co.jp/(以下「当ウェブサイト」といいます)は、株式会社クミ化成(以下「当社」といいます)が管理・運営するウェブサイトです。当ウェブサイトのご利用にあたっては、下記の事項についてご確認ください。なお、当ウェブサイトをご利用された場合には、この「サイトご利用条件」に同意いただいたものとさせていただきます。

1.著作権について
当ウェブサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声・文章など)の著作権は、当社、当社の子会社・関連会社またはコンテンツの供給者に帰属しております。個人的な利用または著作権法により認められた利用を行う場合を除き、営利、非営利を問わず、またいかなる媒体においても、事前に当社の許諾を得ることなしに、複製、転用、改変、公衆送信、販売などの行為を行うことはできません。

2.商標について
当ウェブサイト上に記載・掲載されている商標・ロゴマーク・商号は、当社または各社の登録商標または商標です。商標法またはその他の法律により認められている場合を除き、当社または各社の事前の承諾なしに、これらを使用等することはできません。

3.リンクおよびURLの記載について
・当ウェブサイトにリンクを設定される場合(雑誌・書籍等の出版物に掲載する場合を含みます)は、以下の事項を遵守してください。
・リンク元のフレーム内で当社ホームページが表示されるなど、当社のコンテンツであることが不明確となり、第三者に誤解を与える可能性がある表示形式はご遠慮ください。
・リンク元において、当社の事前の承諾なしに、当ウェブサイトのコンテンツの全部または一部を引用・転載等することは禁止いたします。
・当社の事前の承諾なく、当社の登録商標または商標等を用いてリンクをはることは、一切認めておりません。また、情報発信元を誤認させるような形式によるリンクは禁止いたします。
・当ウェブサイトのURLは、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
・当ウェブサイトにリンクを設定される場合は、お問い合わせ画面よりご連絡いただけますようお願いいたします。
・リンクの設定に関連した賠償、苦情などについて、当社は何ら責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。
・次に該当するホームページからのリンクは固くお断りいたします。
・当社、または他社(者)・他団体を誹謗中傷、あるいは信用失墜を意図する内容を含んだホームページ。
・当社、または他社(者)・他団体の著作権、商標権などの知的財産権、財産、プライバシーもしくは肖像権、その他の権利を侵害する行為、または侵害する恐れのあるホームページ。
・上記各項目のほか、法令または公序良俗に違反するホームページ、あるいは、当ウェブサイトの運営を妨害する恐れのあるホームページ。

4. セキュリティについて
・リンク先のウェブサイトについて
当社は、当ウェブサイトにリンクを設定している他の事業者または個人のウェブサイトの内容、あるいは、安全性等について保証するものではなく、このようなリンクを設定したことにより、当該リンク先の事業者または個人のウェブサイトを推奨することを意図しておりません。当該リンク先へのアクセスにあたっては、リンク先のウェブサイトの内容および利用条件等をよくご確認いただいた上で、閲覧または利用を行なってください。

5.クッキー(Cookie)の使用について
当ウェブサイトでは、お客様が当ウェブサイトを利用する際に、「Cookie」を使用する場合があります。「Cookie」は非常に小さなテキストファイルであり、コンピュータを識別するのに必要な情報をお客様のコンピュータに保存します。又Cookieは、お客様個人を識別するものではありません。
お客様は、ブラウザの設定を使用して、「Cookie」の使用を許可するかしないかを選択できます。
お客様がCookieの利用を許可しない場合には、当ウェブサイトの一部を利用することが出来なくなります。(当ウェブサイトの一部について、ご利用を制約される場合がございます。)

6.ご利用環境
当ウェブサイトは、ブラウザのバージョンをInternet Explorer ver. 7.0以上としていただくと、快適にご覧いただけます。ただし、Internet Explorer ver. 7.0など、CSS3未対応のブラウザで表示した場合、表示が異なる場合があります。

7.プラグインなどについて
・スタイルシート
当ウェブサイトでは、スタイルシートを使用して記述しています。非対応のブラウザをご使用の場合、正しく表示されないことがあります。

8.免責事項
・当社は、当ウェブサイト上のコンテンツの内容について妥当性や正確性について保証するものではなく、一切の責任を負わないものといたします。 ・当ウェブサイト上のコンテンツやURLは予告なしに変更または中止されることがあります。あらかじめご了承ください。
・理由の如何に関わらず、情報の変更および当ウェブサイトの運用の中断または中止によって生じるいかなる損害についても、当社は責任を負うものではありません。
・当ウェブサイトから外部のウェブサイトにリンクされている場合は、当該リンク先の利用条件をご確認ください。当社は、外部のリンク先の情報については、一切の責任を負いかねます。

9.その他
・当ウェブサイトのご利用に関しては、日本法が適用されるものといたします。
・当ウェブサイトに関する紛争等については、東京地方裁判所を第一審管轄裁判所といたします。
This Web site (http:/www/kumi.co.jp/, hereafter called “this Web site”) is managed and operated by KUMI KASEI Co., Ltd. (hereafter called “the company”). Before using this Web site, please check the following items. Once you use this Web site, the company will judge that you have agreed to these “Conditions for using the side.”

1. Copyright
The copyright of the contents (information, reference materials, images, voices/sounds, texts, etc.) in this Web site belongs to the company, affiliated or allied companies of the company, or contents supplier. Except private use or use recognized by the Copyright Act, such actions as reproduction, diversion, alteration, public transmission and sale without previous permission of the company are prohibited for any medium regardless of profit-making and non-profit-making.

2. Trademarks
The trademarks, logo marks, and firm names described or mentioned on this Web site are those of the company or each company. Except on the cases approved by Trademarks Act or other laws, it is prohibited to use them without previous consent of the company or each company.

3. Description of link and URL
- To set a link on this Web site (including publication in magazines, books, etc.), please observe the following items.
- Please refrain from adopting any indication form that may make the contents of the company unclear or may cause misunderstanding to a third person, for example, a display of the homepage of the company in the frame of the link source.
- It is prohibited for the link source to quote or reproduce all or a part of the contents of this Web site without previous consent of the company.
- The company never approves of establishing a link by using the registered trademark or trademark of the company without previous consent of the company. It is prohibited to establish a link by using a form that may cause misunderstanding about the information transmitting source.
- Please note that the URL of this Web site is subject to change without previous notice.
- Before setting a link on this Web site, please inform the company of it by using the inquiry screen.
- Please understand that the company shall disclaim all the responsibility for the indemnity, claims, etc. related to the link setting.
- It is strictly prohibited to set a link from the homepages corresponding to the following cases.
- Homepage that contains the contents to slander or injure the company, other companies (persons) or other organizations, or to lose the credit
- Homepage that will or may infringe the intellectual property such as copyright, trademark, the privacy or right of likeness, or other right of the company, other companies (persons) or other organizations
- Homepage that infringes the laws or public order and morals or that may disturb the operation of this Web site in addition to each item shown above.

4. Security
- Web site of a link destination
The company shall not ensure the contents or safety of other business companies or individuals that set a link to this Web site, and shall not intend to recommend the Web sites of the business companies or individuals of a link destination. Before making access to the said link destinations, please carefully check the contents, using conditions, etc. of the Web site of the link destination for perusal or use.

5. Use of Cookie
Regarding this Web site, “Cookie” may be used when the customer uses this Web site. “Cookie” is a very small text file and is used to save the information required to identify each computer into the computer. However, “Cookie” is not intended to identify the customer.
The customer can select whether the use of “Cookie” is approved or not by using the browser setting. If the customer does not approve the use of “Cookie”, a part of this Web site cannot be used. (The use of a part of this Web site may be limited.)

6. Using environment
You can satisfactorily see this Web site when the browser version is Internet Explorer Ver. 7.0 or later. However, when the Web site is displayed by such browser that is inapplicable to CSS3 as Internet Explorer Ver. 7.0, the display may be different.

7. Plug-in and others
- Style sheet
This Web site is described by using a style sheet. When an inapplicable browser is used, the contents may not be displayed correctly.

8. Items of exemption from responsibility
- The company shall disclaim all the responsibility for the propriety and accuracy of the contents on this Web site without giving guarantee to them.
- Please note that the contents and URL on this Web site are subject to change or stop without previous notice.
- The company shall disclaim all the responsibility for any damage that may be caused by a change of information and interruption or stop of the operation of this Web site regardless of the reason.
- When a link is established from this Web site to an external Web site, check the using conditions of this link destination. The company shall disclaim all the responsibility for the information on any external link destination.

9. Others
- Regarding the use of this Web site, Japanese laws shall be applied.
- Any dispute related to this Web site shall be settled by Tokyo District Court as a court of first instance.
個人情報保護方針及びサイトポリシーPolicy on personal information protection and site policy
http://www.kumi.co.jp/は、お客様のプライバシーに係わる個人情報を保護することに細心の注意を払い取り組みます。http://www.kumi.co.jp/において、お客様ご自身の判断により個人情報をご提供いただく場合がございますが、その情報は必要最小限の情報とし、その他の情報のご提供につきましてはお客様の判断を尊重いたします。

1.個人情報の収集および利用目的について
株式会社クミ化成では依頼者・相談者をはじめとする個人情報を取得する場合、利用目的を明示し、適正かつ公正な手段によって行ないます。
[利用目的]個人情報を以下の業務遂行・目的のために取得いたします。

* 事件処理その他の業務遂行を目的とする情報管理・収集、書面等の発送及び連絡の為
* ご相談、お問い合わせに関する回答の為

2.個人情報の安全管理・保管
株式会社クミ化成は、ご提供いただいた個人情報を正確にデータ処理し、株式会社クミ化成が保有する個人情報の安全性を確保するため、適切な保護・安全対策を実施し、個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えいの防止に努めます。

3.個人情報の提供
個人情報について、お客様ご本人の同意を得ずに株式会社クミ化成が第三者に提供することは、以下の場合を除き、原則いたしません。
* 法令に基づく場合
* 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合
* 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合
* 業務の遂行に係り、官公署へ書類を提出する場合

4.個人情報の開示・利用停止・消去について
個人情報の情報主体であるご本人が自己の個人情報について、開示、訂正、利用停止、消去等の要求をなされた場合は、適切な方法により、ご本人であることの確認を経た上で、法令または業務上拒否することが認められた場合を除き速やかに対応致します。

5.個人情報保護方針の改定
株式会社クミ化成では、社会情勢の変化、技術の進歩、諸環境の変化等に応じ、事前の予告なくプライバシーポリシーを変更することがあります。

6.著作権
http://www.kumi.co.jp/のコンテンツ(文章、写真、画像、データ、イメージ、グラフィックス、など)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社クミ化成に帰属しておりますので、これらの無断使用(Webサイトの全部あるいは一部の複製、送信、放送、出版、頒布、掲示、譲渡、貸与、翻訳、翻案、使用許諾、再利用等を含む)、転載、変更、改ざん、商業的利用はご遠慮ください。

7.免責事項
http://www.kumi.co.jp/に掲載されている情報には万全を期していますが、法律の改正その他の原因により株式会社クミ化成の情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責任(間接損害・特別損害・結果的損害及び付随的損害)を負うものではありません。情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願いします。
This Web site (http://www.kumi.co.jp/, hereinafter called “this Web site”) is intended to pay close attention to protect the personal information related to each customer’s privacy. In some cases, this Web site may ask a customer to provide the personal information on the customer’s own judgment. However, it shall be the minimum necessary information. When the other information is provided, the customer’s judgment shall be respected.

1. Collection and purpose of use of personal information
On this Web site, the purpose of use will be clarified and a proper and fair means will be adopted before the personal information including a requesting person and a person asking for advice is obtained.

[Purpose of use] Personal information is obtained for the following business execution and purpose.
* To manage and collect information and to dispatch and give documents in order to deal with an affair or execute other business operations
* To make a reply to a consultation or inquiry

2. Safety control and storage of personal information
KUMI KASEI CO., Ltd. (hereinafter called “the company”) shall make efforts to perform accurate data processing of the provided personal information, take protective and proper safety measures in order to secure the safety of the personal information owned by the company, and prevent loss, destruction, alteration, and leakage of personal information.

3. Offer of personal information
The company shall not offer personal information to any third person without obtaining the customer’s own agreement as a rule except on the following cases.
* By law
* To protect individual life, body or property
* To cooperate with the national organ, local public body, or the person entrusted by it in executing the office operations specified by lay.
* To submit documents to public agencies in relation to execution of operations

4. Enclosure, stop of use, and deletion of personal information
When the person owing its personal information asks for enclosure, correction, stop of use or deletion of its personal information, the company will confirm by proper method that the person is the principal and then take quick action except when its rejection is approved by law or for a reason of duty.

5. Revision of the policy on personal information protection
The company may change the privacy policy without previous notice depending on a change of social situation, progress of technologies, change of various circumstances, etc.

6. Copyright
The copyright for the contents (texts, photos, pictures, data, images, graphics, etc.) of this Web site and the arrangement, editing, and structure of them belongs to the company. Accordingly, it prohibited to use them without permission (including reproduction, transmission, broadcasting, publishing, distribution, notification, transfer, lending, translation, adaptation, approval of use, reuse, etc. of a part or all of the Web site), and it is also prohibited to reproduce, change, alter, and commercially use them.

7. Items of exemption from responsibility
The company makes assurance doubly sure for the information mentioned in this Web site. However, the company shall disclaim all the responsibility for any damage (indirect damage, special damage, resultant damage, and incident damage) resulting from the use of the information of the company for reasons of legal revision and others. For the use of information, the company would ask each user to take all the self-responsibility lastly.